メイン

2006年08月15日

ギター上達の近道は?

講師のKEIです。

ギター上達の近道は・・・ないと思います。
地道な練習の積み重ね、それしかありません。

ただ、練習の仕方でも、効率的な練習の仕方と、効率の悪い練習の仕方があります。
効率の悪い練習の仕方って、要は回り道をしているっていうことで、それが悪いというわけではないけれども、例えば、誰かに教えてもらうとか、そういうことによって効率的な練習はできるんです。

回り道をしている人をみると、もったいないなーと思うんですよね。自分が教えればもっともっと効率よく上達できるのに、と。

同じように、目指すギタリストを決めて、それに突き進んでいくのとか、いろんなジャンルを弾けるようにバランスよく練習していくのか、とか、自分の方向性を決めるっていうのも、大事かもしれません。

2006年06月21日

ギターを始めたきっかけは?

講師のKEIです。

ギターを始めたのは、中2のとき。Deep PurpleやKISSなどの洋楽音楽を聴いたのがきっかけ。ボーカルよりもギターにかっこ良さを感じてギターを始めました。

続きを読む "ギターを始めたきっかけは?" »

2006年06月12日

ギターのチューニングはしっかりね

普段の練習の時からしっかりチューニングのあったギターで演奏しましょう!

基本的な事だけれど、とても大切です。チューニングメーターであわせるのが、一番ベターな方法ですね。ギターを弾く前にしっかりチューニングをあわせてから弾くという癖をつけておきましょう!

特に、ライブの時は要注意です。いくら、良い演奏をしていてもチューニングがあっていなければ聞いてる側にとって心地いいものではありません。

僕を含め多くのギタリストは足元にチューナーをセットしています。なぜかというと、ライブの時はいくら事前にしっかりチューニングをしていても照明等の暑さにより弦がのびてチューニングがさがってしまいます。三十分の短いステージでもくるってしまうものなので、MCの最中などに確認しておきましょう。

また、オクターブチューニング(例えば6弦の0フレット(解放弦)をEにあわせたら6弦の12FもEになってないといけない)をあわせるというのもやってみて下さい。ライブの前に確認しておくと良いと思います。

余談ですが、ライブ等の大事な演奏の前には弦を替えておく事をオススメします。さびた弦では本来の音が出ませんし、切れてしまう事も考えられます。本番直前に替える場合は、しっかり弦をのばしておきましょう。(替えたての弦はチューニングがさがります。)

初歩的なミスでせっかくの演奏を台無しにするのはもったいないのでチューニングには気をつけて下さいね。

2006年05月21日

レッスンって、どんなことやるの?

講師のKEIです。今日は、どんなレッスン内容なのか?ということについて書いていきます!

記事では伝わりきれない部分もあるかと思いますが、体験レッスン前の参考にしていただければと思います。


1. エレキギター実技

基礎練習・課題曲を使っての練習・アドリブ練習などなど各個人のレベル・要望にあわせてすすめていきます。
エレキギター実技が中心となりますが、オプションで下記の事も要望にそってレッスンに組み込んでいけます。


2. アコースティックギター実技

エレキをやっている方の中には、アコースティックギターもやりたいという方もいると思います。要望にあわせてレッスンしていきます


3. 理論講座

音楽理論についてレッスンしていきます。ギターをやっていくうえである程度の理論が必要になっていきます。アドリブをする際にどんなスケールを使っていくのか?…など実技のレッスンの中でも多少からんできますが、理論をもっと知りたいという方は、時間を割いてレッスンを進めていきます。


4. DTM・アレンジ講座

これは、機材の関係上スタジオAXのみになってしまいます。興味がある方や、デモテープを作っていて悩んでいる方、バンドでオリジナルをやっているけどうまくアレンジがきまらない方などなど、レッスンに取り入れていきます。


マンツーマンレッスンなので、レッスン時間を自由に使えます。もちろん、僕のほうでもカリキュラムをたてていきますが、生徒さんのやりたい事をやるというスタイルでも良いので、臨機応変に対応していきたいと思います!


スタジオAXでのレッスンだと、とてもお得だと思いますよ。リラックスした雰囲気なかで、パソコン・MTRなどを使った、より効率的なレッスンができるので是非一度、体験してみて下さい!

DSC_0193_480.jpg

2006年05月15日

ギターの練習におすすめのコピー曲 その2

前回は、ロック系の曲を中心に書いたので、今回は違うジャンルのものを紹介します。

1. TOWER OF POWER 「WHAT IS HIP」

カッティングの練習曲です。カッティングはキレが命です。キレをだすのは大変難しい事で、とにかく練習して回数をこなしていくしかありません!これも、遅いテンポから徐々に速くしていく、という方法が良いと思います。リズムがずれていたら全く意味がないのでとにかくリズムに注意して練習して下さい!ファンク系の音楽でなくて、POPSでもカッティングはとてもよく出てくるので、練習してみて下さい。

2. CREAM 「CROSSROADS」

ロックよりのブルース曲です。若かれし頃のクラプトンのギターです!初~中級者の方にお薦めです!メジャー&マイナーペンタトニックをうまく使ったソロです。ブルース進行のアドリブのお手本みたいな感じです。又、ソロの構成も素晴らしく参考になると思います!この曲のギターソロは有名なので聞いてみて下さい!(ギターソロのバックで暴れているベースやドラムにも注目です。攻撃的なおもしろいアンサンブルです)


3. ERIC JOHNSON 「CLIFFS OF DOVER」(遥かなるドーバ)

フュージョン系のギタリストです。あまり聞いた事のない名前かもしれませんが、テクニック・音・曲といい三拍子揃った素晴らしいギタリストです。難しい曲なので上級者向きですが、初~中級者の方も是非聞いてみて下さい!この曲の入っているアルバム「AH VIA MUSICOM」(未来への扉)は超お薦めです。文句なしに最高なアルバムなので聞いてみて下さい!


4. LARRY CARLTON「ROOM335」

フュージョン系ギター定番の曲です。なかなか、フュージョンをやる機会がないかもしれませんが、入門編として良いと思います!長いソロなので根気よくTRYしてみて下さい!

この手の曲はあまり歪ませすぎないように気を付けて下さい。オーバードライブの軽い歪みで弾きましょう!練習の時は、音がしっかり出ているか確認の意味もこめてクリーントーンか生音で弾くのが良いと思います!

前回紹介したものも含め全てマスターするには大変な時間がかかると思いますが、どれか1曲でもコピーしてくれたらとてもうれしいです。

是非、チャレンジしてみて下さい!

2006年05月10日

ギターの練習におすすめのコピー曲 その1

今回は、これをコピーしたらタメになるなというようなロックのコピーお薦め曲を紹介してみたいと思います。


1. LED ZEPPELIN 「STAIRWAY TO HEAVEN」(天国への階段)

この曲のソロはペンタトニックスケールを使った、単純だけどとても格好いい、ロックギターの入門編的なソロです!チョーキング・ハンマリング・プリングなどのテクニックの確認をしつつTRYしてみて下さい!初心者の方などはコピーしやすい曲だと思います!


2. JEEF BECK「CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS」(哀しみの恋人達)

JEEF BECKの代表曲の一つです!JEEF BECKの弾き方を完コピするもよし、自分なりの歌いかたでコピーするもよし、とてもコピーしがいのある曲だと思います!この曲の入っているアルバム「BLOW BY BLOW」は30年たった今でも名盤と言われていて是非聞いて頂きたいアルバムです!


3. SANTANA「EUROPA」(哀愁のヨーロッパ)

このイントロを聞いたら誰でも知っている、色っぽく弾けたら女の子にもてる事間違いなし!この曲をコピーして色気を磨こう!そんな曲です。


4. DEEP PURPLE「HIGHWAY STAR」

ノリノリなロックな曲で、テンポも速いので早弾きの入門編的な曲です。入門編的と言ってもこのテンポ(180~190)で十六分音符フルピッキングをするのはかなりキツイので、遅いテンポから初めて徐々に速くしていきましょう!ソロの後半はツインギターではもっているので機会があれば友達とはもってみるのもおもしろいと思います。又、DEEP PURPLEはロックの名曲が沢山あるのでロック好きはベストアルバムでも買って聞いてみて下さい!


以上、この4曲はとっても有名な曲なので知らない人は是非聞いて頂きたいです。(大きいレンタル屋に行けばあると思います)どの曲も弾けたらかっこいい曲ばかりなので、興味があったらコピーしてみて下さいね!

2006年05月08日

ギターを上達するために一番大切なこと

はじめまして講師のKEIです。

今日は、ギターを上達させるために一番大切だなと思っている事を書いていきたいと思います。

それは、デイリートレーニングをしよう!(毎日少しでもギターを触ろう。日々継続しよう。)という事です。地道な事ではあるけれど、やっている人とやっていない人では、とてもとても大きな差が生まれてしまいます。プロになりたいと思っている人ならば必ずやらなければいけない事だと思います。

「一日練習しないと三日分下手になるよ」なんて事が言われたりします。多少大げさな表現ではあるけれど、そういう心構えでいると良いのだと思います。

どういう様な感じでやるかというと・・・時間は、30~60分(時間がある時はもっと長く)。基礎的な練習メニュー(運指練習・コードワーク・アドリブ練習などなど)をバランスよくやりましょう!

半年後のレベルアップした自分をイメージしてやってみてはどうでしょう?次回は、僕のやっていた練習メニューを紹介していきたいと思います。では、また次回!

DSC_0154_380.jpg